閉じる
閉じる
閉じる
  1. 格安SIMにSMSは付けた方が良いのか?
  2. 格安SIMで通話料を節約する方法
  3. 格安SIMのメリットとデメリット
  4. MVNOが大手キャリアと違うところ
  5. SIMフリー端末のメリットとデメリット
閉じる

子供用スマホに格安SIMとSIMフリー端末を1年間使ってみた感想まとめ

格安SIMのメリットとデメリット

フィーチャーフォン、スマートフォン、アイフォン、タブレット、これらは今日生きている私たちの生活から切っても切れないものになっています。たくさんの人が使い、とても便利なものであると言えますが、月々の料金など頭を悩ませるものだとも言えるでしょう。

そんな悩みを解決するものといて格安SIMです。

格安SIMのメリットは、まず第一に安いということが挙げられます。キャリアと同じように使っていても、月々の料金は全然違います。その安さには、多くの人が驚くのではないでしょうか。

また、普通の携帯電話には2年縛りという新しいものや、流行りのものが好きな人には少々つらいルールがあります。使用している端末を2年単位で変えないと解約の際に高い解約金がかかってしまいます。しかし格安SIMの場合には、それがありません。

反対にデメリットとしては、通信速度が時と場合によってキャリアよりも遅いということが挙げられます。急いで調べ物をしているときに通信速度が遅くてイライラした経験がある人も少なくはないでしょう。

それに、何かしらのトラブルがあった時に手厚いサポートが受けられないということもデメリットとして挙げられます。

機械に精通した人なら構わないかもしれませんが、機会が苦手な人にとってきちんとしたサポートが受けられなかったら、これほど怖いことはありません。

機械にあまり強くない人は高くてもメールや電話だけではなく人と人とのしっかりとしたサポートが受けられるキャリアの方がいいのかもしれません。

前に挙げた格安SIMのメリット、デメリットはほんの一部でしかありません。実際に使ってみて、自分にはキャリアの方が合っているとか、格安SIMの方が合っているとか、個人によって合う合わないあります。

自分の生活など、いろいろな面から考えてドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアにするのか、格安SIMにするのか決め、自分に合った使い方で、自分の生活を便利でより良いものにしていければよいのではないでしょうか。

最近では子供向けのスマホやシニア向けのスマホとして大手キャリアではなく格安スマホを利用する方が増えていることも知られています。これはやはり、サービスの質や端末の機能異常に安差が求められているためでもあるでしょう。シニア向けスマホについてはこちらのサイトが詳しく解説をしていたので、参考にしてみると良いと思います。
シニア向けスマホ徹底比較!おすすめ機種ランキング

関連記事

  1. MVNOが大手キャリアと違うところ

  2. SIMフリー端末のメリットとデメリット

  3. 格安SIMにSMSは付けた方が良いのか?

  4. 格安SIMで通話料を節約する方法

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. SMSとはショートメッセージサービスの頭文字をとったものであり、携帯電話番号のみで70文字程度のメッ…
  2. 格安SIMに乗り換えで起きる大きなデメリットとして、通話料が高いことが挙げられますね。大手の…
  3. フィーチャーフォン、スマートフォン、アイフォン、タブレット、これらは今日生きている私たちの生活から切…
  4. MVNOとは、格安SIMを提供している業者のことを言います。最近では大手のキャリアから乗り換える方が…
  5. 近年、テレビや雑誌などでSIMフリー端末が話題になっているので、大手携帯電話会社から切り替えようと検…
ページ上部へ戻る