閉じる
閉じる
閉じる
  1. 格安SIMにSMSは付けた方が良いのか?
  2. 格安SIMで通話料を節約する方法
  3. 格安SIMのメリットとデメリット
  4. MVNOが大手キャリアと違うところ
  5. SIMフリー端末のメリットとデメリット
閉じる

子供用スマホに格安SIMとSIMフリー端末を1年間使ってみた感想まとめ

格安SIMにSMSは付けた方が良いのか?

SMSとはショートメッセージサービスの頭文字をとったものであり、携帯電話番号のみで70文字程度のメッセージを送受信出来るサービスあり、携帯電話番号で送受信をおこなう為、相手も同キャリアの必要が無くキャリアをまたいで利用できることも特徴のひとつです。

格安SIMでもSMSを利用することが可能であり、利用する場合には多少のコストがかかってくるが、それ以上にメリットもたくさんあります。

格安SIMを使ってLINEを利用する場合には本人確認の為に携帯電話番号を利用してSMS認証をおこなっており、利用する際にはSMS機能が必須となります。

その他にも利用する際の本人確認の方法をSMS認証でおこなうサイトも複数存在しております。

いくつかのスマートフォンでMVNOのデータ通信専用サービスを利用すると電話番号が無いと認識されることがあり、電波が届いていて通信は良好であるのにも関わらずアンテナピクトが表示されずに圏外の状態にみえる現象が発生します。

一般的なスマートフォンは受信感度が良好な場合にはアンテナの出力を抑えてバッテリーを持続させる工夫をおこなっており、アンテナピクトが表示されない状態であると電波状態を検知出来ない為アンテナの出力を高めて電波を探そうとします。

SMSを利用することによって解決されることが多く、後に端末を買い替えたとしても気にすることなく利用できる点はメリットと言えます。

またSMSの付いていない格安SIMではGPSの利用にも影響が出る場合があり、端末の位置情報取得機能は内蔵しているGPSセンサーの他にもいくつかの機能が複合的に利用されており、そのひとつとして携帯電話の基地局情報をもとにした現在地の推定です。携帯電話基地局との情報のやり取りの際、携帯電話基地局固有の情報の送受信をおこない、おおよその位置を特定した後に衛星による高精度な位置の検出をおこなうことにより、数分かかる現在地の特定を数秒でおこなえるようになります。

SMSの付いていない格安SIMを購入しても後から利用したい場合に交換は可能であるがSIMカードを交換する必要がある為、すぐに利用出来ないことがほとんどです。

関連記事

  1. 格安SIMで通話料を節約する方法

  2. SIMフリー端末のメリットとデメリット

  3. 格安SIMのメリットとデメリット

  4. MVNOが大手キャリアと違うところ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. SMSとはショートメッセージサービスの頭文字をとったものであり、携帯電話番号のみで70文字程度のメッ…
  2. 格安SIMに乗り換えで起きる大きなデメリットとして、通話料が高いことが挙げられますね。大手の…
  3. フィーチャーフォン、スマートフォン、アイフォン、タブレット、これらは今日生きている私たちの生活から切…
  4. MVNOとは、格安SIMを提供している業者のことを言います。最近では大手のキャリアから乗り換える方が…
  5. 近年、テレビや雑誌などでSIMフリー端末が話題になっているので、大手携帯電話会社から切り替えようと検…
ページ上部へ戻る