閉じる
閉じる
閉じる
  1. 格安SIMにSMSは付けた方が良いのか?
  2. 格安SIMで通話料を節約する方法
  3. 格安SIMのメリットとデメリット
  4. MVNOが大手キャリアと違うところ
  5. SIMフリー端末のメリットとデメリット
閉じる

子供用スマホに格安SIMとSIMフリー端末を1年間使ってみた感想まとめ

格安SIMで通話料を節約する方法

格安SIMに乗り換えで起きる大きなデメリットとして、通話料が高いことが挙げられますね。

大手のキャリアでは、通話かけ放題などのサービスがありますが、ほとんどの格安SIMの業者では通話料金が高く、使えば使う分だけ料金が発生してしまいます。

通話料が一時間の場合、2400円かかり、3時間だと7200円ほどかかってしまうため、月々に何時間も通話を行う方にとっては、大手キャリアを使うよりも料金が高くなってしまいます。

格安SIMを使って通話料を抑えるためには、通話のサービスを行っている業者を選ぶ必要があります。5分以内は通話料金が無料になるサービスを行っている業者もあるため、そちらを使うことをおすすめします。

かけ放題オプションを行っている業者としては、楽天モバイル、OCNモバイルONEなどがあります。最近では、家族との通話が30分かけ放題のIIJmioという業者があるので、そちらもおすすめとなります。

通話サービスを行っていない格安SIMを使って通話料金を抑える方法としては、LINEやスカイプを使用する方法があります。スカイプやLINEの無料通話を使うことで、通話料金が発生することなく通話することができます。

スカイプに関しては、スカイプ以外にも電話をすることが可能ですが、スカイプ同士でしか無料にならないため、初めて使用する方は注意しましょう。

格安SIMの通話料が高いことで、料金を抑えて通話できる通話アプリというものも多く出回っています。通話アプリは、インターネットの回線や電話網を中継することで料金を抑えることを可能としています。

一般的な携帯電話の番号としては090や080となりますが、通話アプリに与えられる番号は050となります。デメリットとして、警察や消防署などの三ケタの番号や他の番号に電話をかけることができなくなってしまいます。

通話アプリはLINEとスカイプ同様に、通話アプリ同士が無料となるので、上手に使用することで通話料金を限りなく抑えることができます。

関連記事

  1. SIMフリー端末のメリットとデメリット

  2. MVNOが大手キャリアと違うところ

  3. 格安SIMにSMSは付けた方が良いのか?

  4. 格安SIMのメリットとデメリット

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. SMSとはショートメッセージサービスの頭文字をとったものであり、携帯電話番号のみで70文字程度のメッ…
  2. 格安SIMに乗り換えで起きる大きなデメリットとして、通話料が高いことが挙げられますね。大手の…
  3. フィーチャーフォン、スマートフォン、アイフォン、タブレット、これらは今日生きている私たちの生活から切…
  4. MVNOとは、格安SIMを提供している業者のことを言います。最近では大手のキャリアから乗り換える方が…
  5. 近年、テレビや雑誌などでSIMフリー端末が話題になっているので、大手携帯電話会社から切り替えようと検…
ページ上部へ戻る